FC2ブログ

Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://friendhomeblog.blog22.fc2.com/tb.php/258-50d4a019

相続:相続(争続)は突然に

人(自然人)は出生により権利・義務を与えられ、死亡と同時にそれを失います。
相続とは、自然人の財産など 権利義務を他の自然人が承継すること
相続は、死亡と同時に開始します。

   *民法上、「人」は法人と自然人があり、法人は会社、自然人は人のことをいいます。

   興味のある方は、続きをどうぞ



   
    予告なしに 相続はやってきます。

仲の良い兄弟だから とか、揉めるほど財産ないよ というのは、あまり関係有りません。
兄弟は仲が良くても、いざ相続となると 配偶者も口を出してくるということをお忘れなく。
結局、配偶者は相続に関しては他人ですから

財産がたくさんあると それはそれで大変ですが、自宅と多少のお金しかない場合(これが普通だと思いますが)でも争いはあります。

例えば、長男夫婦が親と長年同居して面倒をみていたとします。
長男が家を相続して めでたし といかない場合もあります。
他の相続人から法定相続分を主張された場合、主張している人に対し、相続分を現金等で清算できれば良いですが、数千万円も清算できる人ばかりではありません。
長年、親と住んでいた自宅を処分して分けることになります。
相続が争続になってしまうと、親戚付き合いもできなくなってしまいますね。

預貯金等でも もっとあったはずだ 有った無かったで揉めることもありますし、
相続放棄・限定承認の手続きも「知った時から3か月以内」にしなければいけないので、
相続財産の調査・相続人の確定は、早目にしたほうが良いかもしれませんね。



相続手続きをしないと どうなるの

気がついたら、家の名義が何年も前に亡くなっているおじいちゃんのままになっていた!
なんてことありますね。
相続手続きをしないで何年も経過して、その相続人がその後に死亡してたりすると、さらにややこしくなります。
相続人(1人)の相続人(複数の場合が多い)が相続人になります。
人数も多くなる上に血の繋がりが薄くなると、人情も薄くなる・・・

分割協議がなくても、不動産の相続登記は、法定相続分であれば一人で単独登記ができます。
これもトラブルのもとですね。

相続手続きは、放っておくと手続きも難しくなるし、トラブルもありますので、やはりその都度すませたほうが良いと思います。



相続を争続にしないために、遺言も有効だと思いますよ。


最後にコマーシャル
ご相談はお早めに! ぜひ 当事務所へ・・・
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://friendhomeblog.blog22.fc2.com/tb.php/258-50d4a019

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。